ILoveGeorgeAsakura anew

科学忍者隊G-2号ことコンドルのジョー(本名=ジョージ浅倉)をこよなく愛するキョーコ南部のブログです

二次創作 by があわいこ

切手とコイン

切手とコイン

                   byがあわいこ


 クリスマスツリーの飾りつけも終わり、スナックジュンの店内はパーティーの準備が万端整っていた。
あとはスタンド看板の電気をつけてお客さんが入ってくるのを待つだけとなっている。
ところがカウンターで調理をしているはずの甚平の姿がなかった。
「ジンペイ!あら・・どこ行っちゃったのかしら」
カウンターの中を覗き込んだ後、ジュンは2階に上がっていった。すると自室のベッドの上にしょんぼりと腰掛けている甚平をみつけた。
テーブルの上には何かのノートのようなものが2冊並べてある。
「どうしたの」
「ジョーの兄貴からクリスマスプレゼントが届いた」
肩を落としたままの格好で甚平はため息まじりにそうつぶやいた。
「えぇ?!」
ジュンは耳を疑った。
というのもクロスカラコルムから戻ってずいぶん経っていたからだ。
「まさか、ジョーは生きていたの!?」
ジュンの声がうわずっている

「うぅん、おねぇちゃん。これクリスマスに届くようにしばらく局留めになっていたらしいんだ」
「まぁ」
ジュンは机に近づくとかなりしっかりとした作りの”ノート”の表紙に触れた。
「それにしても同じようなノートが2冊とはねー」
すると甚平は片方の”ノート”に手を置いた。
「違うよ。こっちはオイラがジョーにあげようと思って買ったコインアルバムだよ。集めていた切手を売ってさ。そしたらこのジョーの手紙にはもうコイン集めはやめたからそれを全部売り払って切手帳を買ったから使えって書いてあるんだ。オイラもう切手は一枚だって持っていないって言うのにさ」

「ジョーがコインの収集をしていたなんてちっとも知らなかったわ」
二人がお互いを思いやる気持ちがとんだ行き違いになってしまったことをジュンは理解した。

甚平は右手の中指で鼻先を軽くたたきながら答えた。
「おいらが一度トレーラーに遊びに行った時さ。瓶の中にコインが沢山入っていたんだ。で、そのうち『甚平の切手みてぇにきちんと整理する』って言ったんだ。その時、『オイラの切手帳はボロっちくてとても他人ひとに見せられるものじゃないよ』といったのをジョーの兄貴は覚えていてくれたんだと思うよ」
甚平は涙声になっていた。

「あのころ、竜巻ファイターを2度も失敗したりして元気がなかったろ?だからクリスマスに内緒でプレゼントしようと思っていたんだ」

ジュンもアルバムの表紙を優しく撫でていた。
「これ、どうするの?」
「もちろん大切に取っておくさ。大人になってう~~んと稼いだらこの二冊とも切手とコインで満タンにするんだ」
鼻をすすったものの元気な声でそう言った甚平は2冊のアルバムを大切そうに机の引き出しに入れた。
そこにはあの日健が受け取らなかったブーメランも仕舞ってある。

「そうね、ジョーの分も頑張って集めなくちゃね」

その時だった。
「ジューーン、甚平お坊ちゃまーーー!腹が減ったぞい。早く店を開けてくれんかいのー。他のお客さんも店の外で待ちくたびれているぞい。クリスマスの掻き入れ時だというのにまったく姉弟きょうだい揃ってのんびりしちょるのー」
階下から竜の呑気な声が聞こえた。

ジュンと甚平は顔を見合わせるとクスッと笑い階段を下りていった。

(終わり)

時計

いつかこのブレスレットを外す日が来るだろうか。
左腕に何もなくなったらちょっと寂しいかな。

ということはバードミサイルの赤いボタンも押す必要がなくなるんだ。
でも本当はその方がいいんだろう。

そうだ、今度レースの賞金が入ったら腕時計を買っておこう。

その日が来ても物足りなくならねぇようにな



があわいこさんの本日のお題は「時計」、ドライな作品を創作しましょう。
補助要素は「いつか」です。

#njdai
https://shindanmaker.com/75905



ジョーの行方

「南部博士、ジョーの行方はまだわかりませんか?」

「思い当たるところは全て探したのだが・・仕方がない、最後の手段だ。健、やってくれ」
「わかりました」
健は思いっきり叫んだ。


「もういいかい」


「もういいよ」


「そこにいたのかジョー。もう白旗だ。かくれんぼはこれでおしまいにして夕飯にしよう」




があわいこさんの今日のお題は『白/行方/南』です。
shindanmaker.com/313623


うっかり「白」を入れ忘れて書いたものもあります。

「南部博士、ジョーの行方はまだわかりませんか?」

「思い当たるところは全て探したのだが・・仕方がない、最後の手段だ。健、やってくれ」
「わかりました」

健は思いっきり叫んだ。
「もういいかい」

「もういいよ」
「そこにいたのかジョー。お前の勝ちだ。かくれんぼはもうおしまいにして夕飯にしよう」


ワイン

部屋のドアは開いていた。
だが問題はワインセラーだ。

しかし健は鍵のかかったその扉をあっという間に開けた。

「よし、次はお前の番だ」
そう促されたジョーはワインのラベルを一つ一つ確かめていく。

「これだ。BC島産のヴィンテージものだぜ」

顔を見合わせた二人は夕焼けに染まる博士の別荘を後にした




があわいこさんの本日のお題は「ラベル」、ドライな作品を創作しましょう。補助要素は「夕暮れ時」です。

ハロウィンのお菓子

「トリック、オア、トリート!!」

背丈は低いがジョーより怖い顔をした三人組がそう口々に叫びながらスナックジュンの扉を開けて入ってきた。
カウンターで水を飲んでいた健は目にもとまらぬ早業でジャンプ!天井に貼り付くと様子をうかがった。
(まさか、ギャラクターじゃないだろうな)

「あれ?誰もいないな」
フランケンシュタインが顔に似合わないかわいい声でそう言った。
「いつもきれいなお姉さんがいるんだけどな」
ドラキュラがそう答えた。

(きれいなお姉さん?誰のことだ?)
ますますわけがわからない健はズボンの隠しポケットに手をやった。いつでもブーメランを飛ばすことができる態勢だ。

「仕方ないな。もう一回りしてから来よう」
狼男がそう言うと三人組はおとなしく出ていった。

その時、キッチンの奥からジュンの声がした。
「ケーン!ハロウィンのクッキーが焼きあがるから子供たちが来たらあげてね♪」
(クッキーだって?ジュンが作ったのか。肝試しに使うのかな。まぁ、残しておいても竜が来ればあっという間に片付くだろう)

健は何事もなかったかのようにカウンターの席に戻ると水を一口飲んだ。

「ところでジュン。そのハロウィンとか言うのは何だ」
「やーねー、健ったら。去年もやったじゃない。子供がお菓子をねだりに家々を回ってくるのよ」
健の目が光った。
「そいつはいいことをきいたぞ。おい、ジュン。18歳はまだ子供だよな」
「まぁ!意地汚い」
ジュンの眉間に皺が寄った時だ。

「トリック、オア、トリート!!」
さっきとは違う三人組が入ってきた。

「なんだ。甚平はいいとして竜とジョーはどう見ても子供には見えないぞ」
ニヤリとした健はそういって甚平にジュンのクッキーを渡した。
「あー、兄貴、俺はいいからさ。」
「あら~、甚平お坊ちゃまが珍しい。オラがいただくぞい」
あっという間にクッキーは竜の口の中に消えた。
「おい、リュウ。大丈夫か?それ、ジュンの手作りだろう?」
ジョーが鋭いまなざしを残りのクッキーに向けた。
その時!
「ブッハ~~!み、水、水!」
竜は健が飲み残したコップに突進した。
「そらみろ、いわねぇこっちゃない」
ジョーがそう言って高笑いした。
「いくらハロウィンでもこれはないわー」
竜がため息をついたとき、5人のブレスレットが一斉にスクランブルをキャッチした。

「ちぇ、ハロウィンの夜に本物の悪魔がお出ましだぜ」

健を先頭に5人の若者は風のようにスナックジュンを後にした。

(おわり)
Author

キョーコ南部

200
アニメ「科学忍者隊ガッチャマン」の科学忍者隊G-2号ことコンドルのジョーが大好きです
中の人は があわいこ です

初めての方は(こちら)をご覧ください

ただいまの訪問者は
キョーコのリンク
Chat in ♪ Joe’s Trailer (チャット)ひとりごと歓迎

チャット過去ログ (別のブログへ飛びます)
Joe's channel (Youtube)

ガッチャったー

があわいこの文字置き場
があわいこの気ままな生活
リンク集
いつも来訪ありがとうございます\(^o^)/
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

数値はPVアクセス数です。
前ブログからのトータルです

アーカイブ
メッセージ

メッセージはこのブログの管理画面に届きます。他の誰にも読まれません。 お返事がいらない場合はメールアドレスを省略してもかまいません。--------------------------------------------------------

名前
メール
本文
記事検索
最新コメント
突っ込みボード

・ 突っ込みボード もくじ

以下 個別記事へ

第1話 ガッチャマン対タートル・キング
第2話 魔のお化け空母現わる
第3話 嵐を呼ぶミイラ巨人
第4話 鉄獣メカデゴンに復しゅうだ
第5話 地獄の幽霊艦隊
第6話 ミニ・ロボット大作戦
第7話 ギャラクターの大航空ショー
第8話 三日月サンゴ礁の秘密
第9話 月よりの悪魔
第10話 地底怪獣大戦争
第11話 謎のレッド・インパルス
第12話 大喰い怪獣イブクロン
第13話 謎の赤い砂

第14話 恐怖のアイス・キャンダー
第15話 恐怖のクラゲ レンズ
第16話 無敵マシンメカニカ
第17話 昆虫大作戦
第18話 復讐!くじら作戦
第19話 地獄のスピード・レース
第20話 科学忍者隊危機一発
第21話 総裁Xは誰れだ
第22話 火の鳥対火喰い竜
第23話 大暴れメカ・ボール
第24話 闇に笑うネオン巨人
第25話 地獄の帝王マグマ巨人
第26話 よみがえれゴッドフェニックス

第27話 ギャラクターの魔女レーサー
第28話 見えない悪魔
第29話 魔人ギャラックX
第30話 ギロチン鉄獣カミソラール
第31話 南部博士暗殺計画
第32話 ゲゾラ大作戦(前編)
第33話 ゲゾラ大作戦(後編)
第34話 魔のオーロラ作戦
第35話 燃えろ砂漠の炎
第36話 ちびっ子ガッチャマン
第37話 電子怪獣レンジラー
第38話 謎のメカニックジャングル
第39話 人喰い花ジゴキラー(前編)
第40話 人喰い花ジゴキラー(後編)

第41話 殺人ミュージック
第42話 大脱走トリック作戦
第43話 悪に消えたロマンス
第44話 ギャラクターの挑戦状
第45話 夜霧のアシカ忍者隊
第46話 死の谷のガッチャマン
第47話 悪魔のエアーライン
第48話 カメラ鉄獣シャッターキラー
第49話 恐怖のメカドクガ
第50話 白骨恐竜トラコドン
第51話 回転獣キャタローラー
第52話 レッドインパルスの秘密
第53話 さらばレッドインパルス

第54話 怒りに燃えたガッチャマン
第55話 決死のミニ潜水艦
第56話 うらみのバードミサイル
第57話 魔の白い海
第58話 地獄のメカブッタ
第59話 怪獣メカ工場の秘密
第60話 科学忍者隊G-6号
第61話 幻のレッドインパルス
第62話 雪魔王ブリザーダー
第63話 皆殺しのメカ魔球
第64話 死のクリスマスプレゼント
第65話 合成鉄獣スーパー・ベム
第66話 悪魔のファッションショー

第67話 必殺!ガッチャマンファイヤー
第68話 粒子鉄獣ミクロサターン
第69話 月下の墓場
第70話 合体!死神少女
第71話 不死身の総裁X
第72話 大群!ミニ鉄獣の襲来
第73話 カッツェを追撃せよ!
第74話 バードスタイルの秘密
第75話 海魔王ジャンボシャコラ
第76話 あばかれたブレスレット
第77話 成功したベルクカッツェ
第78話 死斗1海底1万メートル
第79話 奪われたガッチャマン情報

第80話 よみがえれ!ブーメラン
第81話 ギャラクター島の決斗
第82話 三日月サンゴ礁を狙え!
第83話 炎の決死圏
第84話 くもの巣鉄獣スモッグファイバー
第85話 G-4号はあいつだ
第86話 ギャラクターの買占め作戦
第87話 三段合体鉄獣パトギラー
第88話 鉄獣スネーク828
第89話 三日月基地に罠を張れ
第90話 装甲鉄獣マタンガー
第91話 三日月基地爆破計画完了
第92話 三日月基地の最後

第93話 逆襲!地中魚雷作戦
第94話 電魔獣アングラー
第95話 合体忍者大魔人
第96話 ギャラクター本部に突入せよ
第97話 明日なき宇宙船レオナ3号
第98話 球形鉄獣グレープボンバー
第99話 傷だらけのG-2号
第100話 20年後のガッチャマン
第101話 狙撃集団ヘビーコブラ
第102話 逆転!チェックメイトX
第103話 死を賭けたG-2号
第104話 魔のブラックホール大作戦
第105話 地球消滅!0002 (最終回)

notes
当ブログで引用している、一部の写真及びイラスト類等は個人の趣味範囲の公開であるとの認識から、営利目的ではない点ご理解頂けるとは思います。著作権等はそのコンテンツのそれぞれの制作者に属しています。 このような個人で楽しんでおりますブログですので、使用させていただいている画像や引用させていただいている記事の権利は所有者に帰属するものであり、所有者の権利を侵害する意図は全くございません。所有者から指示がありました際には、速やかに従います。

♥♥♥♥♥♥♥♡♡♡♥♥♥♡♡♥♥♥

1616BBS 無料レンタル掲示板
アクセスカウンター

    時々カウンターが壊れるようなので(爆)
    様子を見ることにしました

    • ライブドアブログ