「ちぇ、世話を焼かせやがるぜ。ジュンと甚平のやつ、どうしてるのかなぁ」
33-201


#33、ゲゾラ後編からです。

この回は故・中村光毅さんがメカデザインと美術設定にクレジットされています。
(美術設定って背景のことかと勘違いして前回、トンチンカンなコメントしました。訂正してお詫びします)


前編の#32とスタッフがほとんど違うのに違和感ありません。
それだけでも当時のタツノコの凄さを感じます。

ローンパーク市の橋の上で年長三人組が心配しているところですね。
健と竜は川面を見つめていますが、ジョーは欄干にもたれかかっています。
私の”好物”であるジョーの後ろ姿も拝めて幸せです

ジョーったら一人だけ違う格好でニヒルです(←?)

いえ、これは反抗的な態度ぢゃありません。
隠密行動なのでいろいろな方向に気を配っていなくてはならないから・・ですよね、きっと。



959d7efb.jpg

その後、リュウからの連絡に空(から)の左腕を見上げる健。
この演出、好きです。


「や゛~っ」
e1ecd082.jpg


足長おじ・・じゃなかった、足長ジョーくんのレグホンキックが相手の急所に炸裂したところで今日はおしまい



> 05/16 donkusasiさん
いつも見ていただいてありがとうございます
あのような妄想を褒めていただき恐縮です<(_ _)>(汗)

>他にもたくさんの拍手をありがとうございました