さて、ジョー×南部博士も今日でとりあえずの最終回。
最後に出会いの一枚を持って来てみました。
090630

瀕死のジョージをお姫様抱っこする博士。

子どもが具合悪くなって医者に連れていくときって必死に抱きかかえて行くよね、親ってさ。
お医者さんも人の子、まだ息がある子を抱いてしまったらどうやっても助けたいと思うんだろうね。

短くて顔もわからないカットだけど、そんな博士の気持ちが表れていると思うの。
ジョーは意識が無かったのかしら?

次に目覚めた時に見たであろう南部博士の顔はどんなふうだったのかな?

ところで、南部博士に引き取られたのはジョーのほうが先ですかね?
私は勝手にそう解釈していますが。あってる?
その後、ケンママが死んで紅パパはケンを博士に預けて姿を消してしまったのかな?

上のとちょっとだけ違う一枚。
090630 (2)

どちらにしようか悩みました。
せっかくキャプチャしたので貼っておきます。

せっかくキャプチャしたので貼っておくといえばこの2枚。
090630 (3)090630 (4)

#98はわざと外しました(爆)
だって悲しいんだも~ん。

激しく口論(?なのか)しても結局ジョーが大好きな超バードミサイルに乗れるように計らってやる南部博士。
それも、ゴッドフェニックスのより豪華なシートに見えませんか?

あぁ…それにしてもセクシーなおヒップラインだこと…>コラコラ。


三島周子 at 2009/06/30 01:26

きゃ~抱っこ抱っこ!←ハイハイ。

あの図体も態度もでかいジョーにだって、こんなちっこい頃が…←それを言うならリーダー様だって…

博士がちょう頼もしい一枚(二枚?)ですね。

私も博士のとこに住まったのはジョーが先だと思ってました。健は一応オカンといて、具合悪い時なんかは博士のとこ?みたいな…

しかしジョー、ミサイル中毒ではあるけれど、撃つのは好きでも乗るのはどうだったんでしょ…笑

何にしても素晴らしいケツで…←帰れ!

     

--------------------------------------------------------------------------------

さゆり at 2009/06/30 10:02

ジョーファンってこの抱っこシーンがお好きみたいですね~。Asakuraもよく悶えてたなあ(笑)でも博士はジョーが助けた子犬も抱っこしてたしねえ・・・(爆)

 

博士の所に来たのはやはりジョー@8才(?)が一番早くて、しかも密出入国(爆)させたわけだから、ずっと手元に置いてたから一番長く博士と暮らしたんじゃないかと思うな。だから一番態度がでかいんだな、ジョー(爆)

 

ケンは生まれた時(以前)から知ってて、4才時にめでたく紅親父を追っ払った(爆)けど、ママがいたから病死するまではそっちだったでしょうし。でもケンは「施設でサブとマブダチ(違)」だったとか言ってるから、病弱なママの元にはいられなかったのかもね。

んで、11才でママ亡くした後、博士のとこへ来た・・・と思ってます。OVAは年齢も設定も変えちゃってます。施設云々が謎で、辻褄合わなかったのと「さゆり」が実はマタハリ(古っ)だったからなのよね。けっこうこっちの説、気に入ってるんだ。何たってケンが紅憎んでるつか、執着無いから(爆)

 

--------------------------------------------------------------------------------

朝倉 淳 at 2009/06/30 15:14

お姫様だっこしかないよね、こーいう時。小脇に抱えたらヘンだし、肩車はムリ・・。

揺れる足がなんともいえず、いい! ←よくわからん

 

ジョーは10年前にBC島から「助け出され」・・でも「博士と暮した」という記述(?)はなかったから、一緒に暮したのか、はたまた面倒みきれないので寄宿制の学校にでも行ったのかと思っていたけど・・なるほど「密出入国↑」した上に、もう「死んだ事になっている」子だもの。ヘタな所(?)には置けないわね。博士が学校にたくさん寄付をしたのなら、ともかく(~_~;) ←だからやっぱ態度デカい?

 

ケンも4才の時に博士に「預けられた」ような事を言ってたけど、あれは「見守っている(後見役?)」という意味なのかと思ってた。だってママがいるんだもん。

そしてケンも、博士と「暮した」という記述はなかったような・・。

皆、自由に考えていいのね。だからフィクが広がる~~。        

 

--------------------------------------------------------------------------------

南部響子 at 2009/06/30 22:47

三島周子さん

>図体も態度もでかいジョー

あはは。でもなぜかカワイイのよね、ジョー…。

うっ!?私たちの方がオカシイのか?!(爆)

 

>博士がちょう頼もしい一枚

ね。38歳、靴下は白ですよ(笑)

 

>具合悪い時なんかは博士のとこ?みたいな…

そっか、それもありだったかもね。ジョーよりも前から知り合いではあったわけだし。

 

>撃つのは好きでも乗るのは

かなりのGもかかっていたようだけど、やっぱりこういうの好きだと思うわ。本望だったと思う(笑)

 

>素晴らしいケツ

やっぱそこへついつい目が行っちゃうわね( ´艸`)      

 

--------------------------------------------------------------------------------

南部響子 at 2009/06/30 23:02

さゆりさん

>この抱っこシーンがお好きみたいですね~

は~い♪この子が10年後には「図体も態度もでかく(@周子さん)」になるかと思うと、悶えます(笑)

 

>子犬も抱っこしてたしねえ・・・

博士の中ではジョーと仔犬はやっぱり同格なんでしょうかねぇ(爆)

 

>一番長く博士と暮らしたんじゃないかと思うな

やっぱりそうですかね。あの二人、なんか似てるもん。

 

>11才でママ亡くした後、博士のとこへ来た

思えば健も小さいころから苦労してるのよね(涙)

 

>何たってケンが紅憎んでるつか、執着無いから

なぜか紅パパは人気がありませんなぁ(笑)

クルクルっといつもより余計に回すのは親子そろって好きみたいだけどね~。      

 

--------------------------------------------------------------------------------

南部響子 at 2009/06/30 23:20

朝倉 淳さん

>揺れる足がなんともいえず、いい!

やっぱり悶えますか?(笑)

顔が映っていないのでかえって想像してしまいますわね。

 

>もう「死んだ事になっている」子だもの。ヘタな所(?)には置けないわね

考えてみたらそうだわね。

学校へは行かずに博士のところで勉強したのかなぁ。

知識が「日本のことわざ」とか、偏ってるのはそのため??

 

>ケンも、博士と「暮した」という記述はなかったような・・。

そうなんだ。で、やっぱサブと一緒にいたんだろうか。

なんかもうケンとジョーは小さいころからずっと一緒に博士のところで育ったというのが定説になっちゃっていますよね。