ガッチャマンの世界で使われている言葉は日本語だ。
当然といえば当然だが、何処にあるのかよくわからない国でも(←をい)日本語で話していて、そのために国が違っても言葉が通じる。

これは国際科学技術庁の重鎮、南部博士が日本人だったために公用語が日本語になったのだと思う。
世界中の人が小学校に上がると日本語を習うのだ。
エスペラント語よりすごいぞ。さすが、南部博士の力は大したものです。

でも、たまたま日本語の先生が江戸っ子だったりすると生徒も江戸弁になったりする。関西弁もしかり。
BC島の先生は江戸っ子だったのか?
でもアランはちゃんとした標準語だったけどなぁ・・


【追記】
しまった、宇宙人の総裁Xも日本語をしゃべってるぞ(爆)



(羽根と夕焼けからの転載)