科学忍者隊がユートランドに住んでいると分析したギャラクターは、秘密情報機関GCIAを送り込む。それを察知した南部博士の指令により、敵の潜入を事前に阻止しようと待ち構えていた健たちであったが、失敗し逃げられてしまった。そんな中、甚平は仕事を探しているという男デーブと出会い、スナック・ジュンの仕事を紹介する。しかし彼は、実は忍者隊の居場所を探すギャラクターのスパイであった。


「元気を出しな、スパイの隊長さん。」