昆虫学者の戸田は、世界最大のジャングルでトノサマバッタの異常発生と遭遇したが、誰にも信じてもらえないと言う。そこで真相は確かめるために、戸田と共にジャングルへと向かった甚平であったが、バッタの群れに襲われて飛行機が墜落。通信も届かずジャングルに取り残されてしまった二人に、ギャラクターによって操られたバッタの大群が襲い掛かろうとしていた。


「帰って来たら脅かしてやろうぜ。」