世界各国に保管されていた優秀な科学者たちの脳が強奪され、ロボット制作の権威・山科博士の脳を有した研究所も巨大な怪物に襲われた。犯人の後を追った科学忍者隊は、ギャラクターに操られた怪物と遭遇。その細胞から南部博士は、怪物が下等な宇宙人"ベム"であると分析。科学展示会に出展される山科博士のロボットX1号をギャラクターが狙っていると推測し、忍者隊は会場へと向かう。


「ふん。」(ギャラクターの小型戦闘機を乗っ取る)