新開発した汚染物質を海へと流したギャラクター。カッツェは24時間以内に南部博士と科学忍者隊が降伏しなければ、更に汚染を拡大させると脅迫。カッツェの要求に従ったと見せ掛け指定の海域へ向かった忍者隊は、そこへ現れた潜水艦を攻撃する。しかし実はそれはカッツェの罠であり、無人潜水艦に積み込まれていた汚染物質を、忍者隊は自らの手で海に流出させてしまった。



「くそぅ、ワナだったのか…。」(ジョーの前髪^^)
ジョー「ガッチャマンは人類の敵を放っておくわけにはいかないんだよ。」
ケン「ジョー。」
こののち、向かい合ってお互いの肩に手を置く。ガシッとハグはしない。よいこの番組の限界か?